PR戦略とは?注目される背景や流れについて解説

自社の商品、サービスの売上を向上させたいと考えている方へ、今の時代に即したPR戦略について解説します。

情報過多となる現代において、消費者の「いい商品」の定義は変わり続けています。そのような時代背景も踏まえ、インターネット番組「日曜日の魔女達」が、PR戦略の概要や効果について解説します。

それでは、本文をどうぞ!

目次

PR戦略とは

PR戦略とは

PR戦略とは、近年競争が厳しくなったビジネスの世界で、自分たちが他とはどう違うかを強調し、ブランドを引き立てるための重要な戦略です。

広報活動をする際、単に新製品のリリースやマスメディアとのやりとりを行うことが多いですが、PR戦略では「売れる雰囲気を作る」「自分たちのものを必要とする理由を作り出す」「信頼感を作り上げる」などの方向性を広報段階から取り組んでいきます。

PR戦略の特徴は、差別化、競争力の向上、認知度と影響力の向上、ブランド構築、そして顧客との関係構築など、多方面にわたる長期的な効果を見込んで行います。

PR戦略が注目される背景、理由

PR戦略が注目される背景、理由

私たちは現在、情報が溢れている時代に生きています。

一方で、「作れば売れる」時代は終焉を迎え、企業は自社のメッセージを消費者に効果的に伝える新たな手法を求められています。

ここでは、PR戦略が必要とされる背景と理由について解説します。

インターネット普及による情報過多

昨今、インターネットの普及により情報が溢れる時代になり、ただ広告を出すだけ、あるいは単純なPR活動を行うだけでは、消費者はメッセージが埋もれてしまい、企業側は売上効果を上げることが難しくなってきています。

そこで、自社のメッセージを効果的に伝え、消費者の関心を引く新たな手法が必要になってきています。

ここで注目されるのが、単なる情報発信や宣伝を超え、企業が差別化を図り、鮮明なメッセージを伝えるための戦略的なアプローチをとるものです。

例えば、さまざまなメディアやプラットフォームを活用し、適切なタイミングで独自のストーリーテリングを展開することで、効果的な情報発信を目指しまていきます。

情報過多の時代において、企業が自社のブランドや価値を効果的に伝えるためには、単なる広告やPR活動以上のものが求められます。

PR戦略はそのようなニーズに対応し、企業が情報を戦略的に発信することで、消費者の関心を引き、企業の価値を向上させる重要な手法になります。

「作れば売れる」時代の終焉。購買意欲の喚起が鍵に

過去の市場では、「作れば売れる」時代が存在しましたが、現在ではその時代は終わりを告げ、消費者が情報に満ち溢れる中で選択を行う状況が広がっています。

そこで重要となるのが、企業が「PR戦略」を活用して自社の商品やサービスを消費者に適切に伝え、心を動かすことです。

現代の消費者は、情報が豊富で選択肢が多いため、単に商品やサービスが提供されているだけでは心を動かすことは難しい状況になりました。

そのため、消費者の心を掴むためには、商品やサービスの魅力を的確に伝え、購買意欲を喚起することが求められています。

また消費者は商品やサービスだけでなく、ブランドの価値観や使命感に共感し、それによって購買意欲を高める傾向にあります。

このため、情報発信だけでなく、消費者の心に響くストーリーテリングや感情を揺さぶるようなコミュニケーションが求められるようになりました。

「作れば売れる」時代は過去のものとなり、今や消費者の心を動かし、購買意欲を喚起するための新たな手法が必要とされています。

PR戦略はその一つであり、情報発信だけでなく感情を揺さぶるストーリーテリングやコミュニケーションによって、企業は消費者の心をつかみ、自社のブランド価値を向上させることができます。

買う理由を作るPR戦略

買う理由を作るPR戦略

消費者の価値観が変わる中、「買う理由を作るPR戦略」に注目して、現代の消費者が何を選び、なぜ選ぶのかを探ります。

さらに、戦略PRの事例を通じて、商品やサービスの価値を伝え、消費者との絆を深める手法を紹介します。

これらを通じて、「いい商品」の新たな定義とPRの可能性を探求します。

ポイント

  • 消費者にとっての「いい商品」は時代とともに変わる
  • 消費者にとっての「いい商品」を変えた戦略PRの事例

消費者にとっての「いい商品」は時代とともに変わる

今日の消費者は、単に品質や機能に焦点を当てるだけでなく、商品やサービスの背後にある価値観や社会的意義にも注目します。

つまり、消費者が「買う理由」には、商品だけでなく、その商品が提供するストーリーや価値も重要になってきます

具体的には、まず現代のトレンドや消費者のニーズに合わせた商品やサービスを提供することが大切です。さらに、ブランドのストーリーテリングを通じて、消費者が共感できるメッセージを伝えることも大切です。

次に、消費者に対して、製品やサービスの特徴を明確に伝える方法を考えます。

消費者が製品やサービスに共感を覚え、それを選ぶ理由を見つけられるようなアプローチが必要です。さらに、企業が環境や社会貢献に積極的であることを示すことで、消費者はそれを社会的価値と捉え、選択の一因とします。

このように、消費者のニーズや時代の変化を理解し、それに対応する形でブランドの価値や社会的意義を伝えることで、消費者の心をつかむことが可能になります。

消費者にとっての「いい商品」を変えた戦略PRの事例

コカ・コーラの「Share a Coke」キャンペーンは、消費者の「いい商品」の定義を変える素晴らしいPR戦略の一例です。このキャンペーンの成功要因は、消費者の参加を促し、個々の消費者と深く結びつく戦略にあったのです。

このキャンペーンは、コカ・コーラのボトルや缶に消費者の名前を印刷するという、消費者が直接商品に関わることができる体験を提供しました。これにより、商品はただの飲み物から個々の消費者にとって特別な存在へと変わりました。

また、ソーシャルメディアの活用もキャンペーンの成功に寄与しました。消費者は自分の名前が印刷されたボトルを見つけると、それを写真に撮り、ソーシャルメディアに投稿しました。これにより、消費者自身がキャンペーンを広め、口コミを生む役割を果たしました。

このキャンペーンの成功は、消費者との深い絆を築くことが「いい商品」の定義を変えるための重要な要素であることを示しています。そして、このようなPR戦略は、メディアの力を活用し、キャンペーンの認知度を高め、広範囲の消費者にリーチすることで実現しました。

注目されるPR戦略の今を見る

ソーシャルメディアの台頭によって変わった情報の流れを振り返り、これからのPR戦略に求められることを見ていきます。

ソーシャルメディアの台頭によって変わる情報の流れ

ソーシャルメディアの普及とスマートフォンの急速な普及により、情報の流れは大きく変化しました。Twitter、Facebook、LINEなどのプラットフォームが普及することで、個々が興味のある情報を手に入れ、自由に共有することが可能になりました。

一方で、これは情報の拡散において新たな課題を生み出しました。個々のユーザーが自由に情報を共有することで、広範囲の情報が飛び交い、全体としての情報が行き渡ることが難しくなりました。そのため、情報を発信する際には、その内容が受け手の興味やニーズに合っているか、そしてその情報をどのように伝えるかが、より重要な課題となっています。

これからの戦略PRに大切な3つのポイント

これからのPR戦略において重要なのは、消費者の行動と情報環境の変化を把握することです。特に、「情報選択の難しさ」「企業の情報管理力の減少」「消費者の多様な関心事」という3つのポイントに注目しましょう。

情報選択の難しさは、情報の洪水から重要なものを探すのが難しい時代であるため、PRは、どのように情報を注目させるかが求められています。

企業の情報管理力の減少は、SNSを通じて自由に情報が共有され、消費者は口コミにあふれています。企業は、これらの口コミを利用してPR戦略を構築する必要があります。

消費者の多様な関心事は、一斉広告よりも個々の消費者の関心に応じた情報を提供することが重要になっています。これらのポイントを踏まえたPR戦略は、消費者の信頼を得て、口コミの力を最大限に活用することが求められています。

次なる戦略PRの手法「ストーリーテリング」

ストーリーテリングは、次世代のPR戦略の一つです。これは、自社の物語や製品の背後にある想いを共有し、消費者との深い結びつきを作る方法です。

ストーリーテリングの力は、消費者がより透明性と信頼性を求めている現代社会において特に効果的です。単に製品の特性を並べるだけでなく、「どんな思いで製品を作ったのか」「どのような理念から生まれたのか」といったストーリーを共有することで、消費者は製品により強く共感し、信頼感を持つことができます。

ただし、そのストーリーを伝える方法も重要です。情報を単に伝えるのではなく、情報自体がコンテンツとして楽しんでもらえるように伝えることで、消費者の興味を引きつけ、深く訴えかけることができます。このような新しい形のPRは、これからの広報戦略において主流となるでしょう。

PR戦略における情報の拡散ステップ

PR戦略の中心にあるのは、情報の拡散ステップです。その成功を左右する要素は、口コミや情報の適切な配信であり、個々人の共感を引き出し、それがコミュニティ内で共有され、結果として社会的に波及することによって、情報は広範囲に広がります。

これらのステップを理解し、活用することが、信頼性と影響力を持つPR戦略を構築する鍵となります。以下では、このステップを詳しく探っていきます。

PR戦略は口コミや情報の拡散が成功の鍵

PR戦略の成功は、口コミと情報の拡散によって大いに左右されます。

口コミは人々の間で自然に生まれ、その信頼性と影響力はとても大きいです。良い口コミが広がれば、商品やサービスの評価も上がり、その結果需要も増大します。

一方、情報の拡散は、ブランドのメッセージを多くの人に届けるための不可欠なステップです。

現代ではオンラインプラットフォームやSNSの普及により、情報の拡散は比較的容易になりました。

しかし、ただ情報を発信するだけではなく、人々が共感し、興味を抱くようなコンテンツや機会を提供し、それを積極的に発信することが求められます。これが効果的なPR戦略を練る上での重要な視点です。

情報拡散の3ステップ:「個人的共感」→「コミュニティ共有」→「社会的波及」

情報を広めるための3つのステップとは、「個人的共感」、「コミュニティ共有」、そして「社会的波及」です。

まず「個人的共感」です。これは、情報が個人にとって価値あるものになることです。例えば、新製品の良さを伝えるだけでなく、それが人々の生活をどう改善するかを強調しましょう。

次に「コミュニティ共有」です。これは、共通の興味を持つ人々が情報を自然に共有する環境を作ることです。ここでの鍵は、共通の興味を持つ人々の間で情報が自然に共有されるようなコミュニティを形成することです。

そして最後の「社会的波及」です。これは情報が広範囲に広まることを意味します。イベントやキャンペーンを通じて、情報を一般的に認知されるようにするのです。

これらのステップを踏むことで、情報はより広く拡散され、PRの効果を最大化できます。

PR戦略の基本的な流れ

今日のビジネス世界では、ブランド価値を向上させ、自社を他社と差別化するために、戦略的なPRが必須となっています。

戦略的なPRの基本的な手順を理解することは、自社を目立たせるための効果的なアプローチを構築するための鍵です。なぜなら、ターゲットの理解、メッセージの開発、そして具体的なプランの作成を含むこの戦略的なプロセスを通じて、広告に頼らずとも人々の関心を引き、自社の認知度や影響力を高めることができるからです。

ここからは、PR戦略の基本的な流れについて詳しく見ていきます。

ポイント

  • ステップ1. マーケティング調査
  • ステップ2. 情報クリエイティブの作成
  • ステップ3. プレスリリース配信

ステップ1. マーケティング調査

PR戦略を成功させるための第一歩は、しっかりとしたマーケティング調査です。

これは、市場の理解、顧客のニーズ把握、そして競合他社の情報を深く掴むことで、自社の戦略を再評価し、新たな視点を獲得するためです。

具体的には、顧客の意見や希望、好みを調査し、これらに応じた効果的なメッセージやコミュニケーション方法を見つけ出します。さらに、競合他社が何を行っていて、その中で自社がどのように差別化できるかを考慮します。

このような詳細なマーケティング調査が、効果的なPR戦略を構築するための基盤となります。これがPR活動を成功に導くための必須ステップとなります。

ステップ2. 情報クリエイティブの作成

情報クリエイティブの作成はマーケティング調査をもとに行います。まず、目指す目標とターゲットに沿ったメッセージを明確化します。顧客のニーズと心理を理解し、魅力的でわかりやすいメッセージを作り上げます。

次に、メディアやチャネルに応じたコンテンツ形式を選択します。テキスト、画像、動画などを組み合わせ、情報を魅力的に伝えます。

さらに、ストーリーテリングや感情を揺さぶる要素を取り入れて、顧客の関心を引きます。物語性のある情報は記憶に残りやすいです。

最後に、ブランドのアイデンティティや価値を反映させます。ブランドの特性を生かし、共感を引き出す要素を加えます。

戦略と創造性を組み合わせ、顧客が魅力を感じる情報を提供しましょう。これがPRの効果を最大化する鍵となります。

ステップ3. 情報発信

発信する情報の価値を最大化するために、「商品の特性」や「利点」、そして「使い方」を明確に伝えることが重要です。これは、消費者に商品の全貌を理解してもらうために重要です。

加えて、関連する画像や動画を活用することで、情報の理解をより深め、興味を引きつけることができます。

次に、情報を発信するチャネルの選定が重要です。自社のターゲット層が最もアクセスするメディアやプラットフォームを選ぶことで、情報の露出率を最大化することができます。

SNSやメールマガジン、ブログなど、多種多様な手段を組み合わせることで、より広範囲に情報を届けることが可能となります。

情報発信は、新たな魅力を引き出し、消費者の関心を持続的に喚起する重要なステップです。これらを意識して、効果的な情報発信を心掛けましょう。

PR戦略実施前に準備・検討するポイント

「PR戦略実施前に準備・検討するポイント」について考える際、PR計画と媒体選択が鍵となります。

まず、企業の評判向上や製品の広報を目指すPR計画では、具体的な目標とターゲットを設定し、そのメッセージを作ります。

次に、ターゲットの傾向に基づいた媒体を選択し、メッセージを最大限に広げることを目指します。これらのポイントを準備・検討することがPR戦略の成功へのポイントになります。

ポイント

  • PR計画
  • PR媒体

PR計画

PR計画は、企業イメージの構築と製品知名度の向上を図る活動の大元となるものです。

計画の設計時には、まず達成目標を明確にします。例えば、新製品の認知度アップや企業評価の向上などが考えられます。次に、メッセージを伝えるべき対象、つまりターゲットを決定します。

ターゲットの興味や嗜好を把握し、共感を生むメッセージを作り出すことが求められます。

その後は、具体的なメッセージと行動計画を立案します。メッセージは一貫性を保ち、ターゲットに対する魅力を訴える内容にすることが重要です。

そして、行動計画を立ててタスクの振り分けやスケジューリングを行います。

これらのステップを経て、PR活動が滞りなく進行し、その成果が期待できます。効果的なPRを実現するためには、計画を丁寧に立て、それを実行することが必須となります。

PR媒体

PRメディア選択は、企業がターゲットとする人々にメッセージを効果的に伝える手段です。選択するメディアは、ターゲットの性格、関心事、メディア使用の傾向によって異なります。

ターゲットに合わせたメディアを選ぶためには、新聞やテレビ、ラジオ、雑誌などのメディアなどのほか、インターネットやソーシャルメディアなどのデジタルメディアなども考慮することが重要です。

最終的に重要なのは、単一のメディアに依存せず多様なメディアを組み合わせることで、メッセージをより広範囲のターゲットに伝えることが可能です。

オンラインとオフラインのメディアを巧みに組み合わせることで、効果的なPRを展開することも可能です。

「日曜日の魔女たち」でPRしてみませんか?

インターネット番組Cwaveで配信している「日曜日の魔女達」は、番組の中で15分~30分間あなたのお仕事や活動についてたっぷり発信いただけます。

ご自身が発信したい内容に関して、経験豊富なキャストたちが魅力を引き出しますので、PR効果の高い番組となっています。

また、「日曜日の魔女達」サイト上でも出演者の紹介を行っておりますので、あなたの名刺代わりとなるページを持つことができます。

日程や料金等の詳細について気になる方は、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にお申し込みください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる